会計事務所向けセミナー映像会員サービス

「生産緑地2022年問題」と今後の税務に及ぼす影響

テーマ: 相続・事業承継  講師:沖田 豊明 氏 撮影日: 2018年06月14日 コンテンツコード:3367

講演内容

不動産鑑定のエキスパートが教えます。

2022年、生産緑地がその指定解除を迎えます。解除して有効活用するか、生前に売却するか、どの土地を残しどの土地を解除すべきか、顧問先へ提案できるようにしっかり学んでおきましょう。

<講義内容>
1. 生産緑地制度の概要
2. 2022年問題とは……
3. 都市農業振興基本法との関連
4. 生産緑地の平成29年の改正内容
5. 都市計画法・建築基準法との関連
6. 生産緑地法と相続税の納税猶予制度との関連
7. 生産緑地と相続税の土地評価との関連

再生時間:150分

講師紹介

kou_okita-t.jpg

沖田 豊明氏

沖田不動産鑑定士・税理士事務所 所長/税理士・不動産鑑定士

税理士・不動産鑑定士のダブルライセンスを活かし、相続税に関する土地評価を専門とする。税理士・会計事務所に対しても特に相続税の広大地の評価案件についてアドバイスをしており、税務署に対する広大地証明書を年間150件以上発行。各税理士会支部研修の講師も多数務めている。

■ 主な著書
『相続のお金と手続きこれだけ知っていれば安心です』(執筆協力)
『相続人・相続財産調査マニュアル』(共著)
『税理士のための 相続相談対応マニュアル』 など

推奨環境

オペレーティングシステム Winows 7 SP1 以降
CPU Intel Core i3 以上
メモリ 4GB 以上
ブラウザ Internet Explorer 11  FireFox   Google Chrome
備考 HTML5 もしくは、Flash Playerが動作する環境でご覧いただけます。

【注意事項】

  • ※推奨環境をご確認の上、映像を視聴してください。
  • ※映像中の資料とダウンロードいただけるレジュメには、差異がある場合もございます。
  • ※1ユーザにつき、1台のパソコンで視聴可能です。複数の端末で同時に視聴することはできません。