会計事務所向けセミナー映像会員サービス

会社の未来を決める「採用戦略・人材戦略」

テーマ: 企業経営 ,採用・教育シリーズ ,小山昇の経営計画書の作り方シリーズ  講師:小山 昇 氏 撮影日: 2018年10月17日 コンテンツコード:3430

講演内容

強い中小企業の影には必ず戦略あり!

魔法の書とも言われている武蔵野の経営計画書を公開!中小企業にとって最も重要な採用と人材教育に関する戦略について、小山社長(株式会社武蔵野 代表取締役)が解説します。

※本コンテンツにダウンロードレジュメはございません。

<講義内容>
1. 新卒採用をしない会社は衰退する
◎新卒採用は効率の良い投資である。
◎新卒採用で人材の資質が底上げされる。
◎新卒採用は「自社を魅力的な組織につくり変えていく」作業。
◎経営計画書を使って内定辞退ゼロを実現。

2. 武蔵野の採用基準と採用規定
◎高学歴で転職回数が多い人は採用しない。
◎中途採用は各部門の責任者が担当する。
◎価値観を共有できる人を優先して採用する。
◎会社の良いところ、悪いところを見せる。
◎6ヶ月間は研修期間とする。
◎退職した人の再雇用をする。

3. 教育研修費を惜しんではいけない
◎「人」と「利益」は比例する。
◎小手先の「スキル研修」だけではダメ。
◎経営計画書の方針を徹底させる施策。
◎教育とは「強制」させること。

再生時間:76分

講師紹介

kou_koyama-n.jpg

小山 昇氏

株式会社武蔵野 代表取締役社長

1948年山梨県に生まれ、東京経済大学卒業。1977年に(株)ベリーを設立し社長に就任、1987年に現職に就任。株式会社武蔵野は日本経営品質賞を2000年と2010年の2度受賞(国内初)している。2001年から中小企業の経営者を対象とした経営コンサルティング「経営サポート事業」を展開。720社以上の会員企業を指導している他、「実践経営塾」「実践幹部塾」「経営計画書セミナー」と、
全国で年間240回以上のセミナーを行なう。
《主な著書》
「経営計画は一冊の手帳にまとめなさい」
「利益を最大にする最強の経営計画」
「人材戦略がすべてを解決する」など多数

推奨環境

オペレーティングシステム Winows 7 SP1 以降
CPU Intel Core i3 以上
メモリ 4GB 以上
ブラウザ Internet Explorer 11  FireFox   Google Chrome
備考 HTML5 もしくは、Flash Playerが動作する環境でご覧いただけます。

【注意事項】

  • ※推奨環境をご確認の上、映像を視聴してください。
  • ※映像中の資料とダウンロードいただけるレジュメには、差異がある場合もございます。
  • ※1ユーザにつき、1台のパソコンで視聴可能です。複数の端末で同時に視聴することはできません。