会計事務所向けセミナー映像会員サービス

事業承継対策を入り口とした「後継者育成」と持続的「経営支援」の提供法

テーマ: 事務所経営 ,相続・事業承継  講師:小久保 忍 氏 撮影日: 2018年11月21日 コンテンツコード:3511

講演内容

~「未来会計(MAS監査)」を使った「経営支援」成功事例~

これから益々増えていく事業承継対策を入り口に、後継者育成もかねた「未来会計(MAS監査)」を付加価値業務として提供する手法をお話いただきます。

<講義内容>

「顧問料を下げて欲しい」と言われる! 顧問先の数が減っていく!
新規開拓ができない! “ そんなお悩み”を持つ先生、必見です!
---------------------------------------------------
顧問先となる企業数が減少し続ける一方、記帳代行専門会社やクラウド会計といったサービスへの乗り換え も起きている時代。これからの会計事務所には「付加価値業務」が必要と言われていますが、実際にどのよう に行っていけばいいのでしょうか。
今回は、17年前から「経営支援」業務特化に踏み出し、350件の顧問先様のうち8割が黒字経営の、税理士法 人りんく 代表税理士 小久保忍先生を特別ゲストにお招きしました。
小久保先生は、これから益々増える事業承継にも着目され、スムーズな継承を促し後継者育成を見据えた経 営支援(未来会計・MAS監査)を提供することで、顧問料だけではない更なるフィーアップも実現しました。 顧問先企業様の財務を見える化できる「未来会計(MAS監査)」の使い方と、事業承継成功の秘訣について、 小久保先生に解説いただきます。
---------------------------------------------------
1.「未来会計(MAS監査)」とは
◎「顧問料を下げてくれ」とは言わせない「経営ロードマップ」の魅力
◎MAS監査の業務内容
 ―ご提案資料の事例
 ―「将軍の日」について

2.りんくグループが取り組んでいる「事業承継型MAS監査」の実例紹介
◎りんくグループがどのように「事業承継対策」に取り組んでいるか
◎事業承継対策とは? 「自社株対策」だけではない、計画的な施策が必要なポイント
◎「人の問題」と「お金の問題」にどのようなアドバイスをするのか
◎承継後も含む次期社長育成支援に利用できる「MAS監査」
◎一つの成功事例が次の新しい成功事例に繋がる、顧客開拓への取り組み

3.未来会計の事業化で大切なこと
◎お客様にビジョンを考えてもらう前に、 自分(税理士)のビジョンを考える

4. MAP経営からのお知らせ

再生時間:98分

講師紹介

kou_kokubo-s.jpg

小久保 忍氏

税理士法人りんく 代表社員/税理士 ・ ITコーディネータ ・ M&Aシニアエキスパート

株式会社ビジネス・デザイン 代表取締役
株式会社けいり 代表
都内の大手会計事務所を経て2000 年相模原の自宅にて開業( 当時35 歳、顧問先4 件)。当初より資金繰り指導で差別化を図り、2001 年より未来会計業務を本格始動するため専用システム(MAPシステム)を導入し、経営支援ビジネスの事業化に取り組む。平均単価15 万。

推奨環境

オペレーティングシステム Winows 7 SP1 以降
CPU Intel Core i3 以上
メモリ 4GB 以上
ブラウザ Internet Explorer 11  FireFox   Google Chrome
備考 HTML5 もしくは、Flash Playerが動作する環境でご覧いただけます。

【注意事項】

  • ※推奨環境をご確認の上、映像を視聴してください。
  • ※映像中の資料とダウンロードいただけるレジュメには、差異がある場合もございます。
  • ※1ユーザにつき、1台のパソコンで視聴可能です。複数の端末で同時に視聴することはできません。