会計事務所向けセミナー映像会員サービス

路線価によらない評価をめぐる最高裁判決のポイント

テーマ: 相続・事業承継(会計) ,会計事務所向けすべて  講師:山崎 信義 氏 撮影日: 2022年05月25日 コンテンツコード:4160

講演内容

最高裁判決から読み解く、今後の賃貸不動産購入による相続税対策の留意点

路線価等により算定した相続不動産について、最高裁は令和4年4月19日、税務署が財産評価基本通達6項によって再評価して追徴課税した処分を適法と認めました。今回の講座ではこの最高裁判決の内容を踏まえ、今後の賃貸不動産購入による相続税対策の留意点について考察いたします。

1.最高裁判決の概要
 ・最高裁判決の経緯
 ・事件の概要
 ・時系列からみた事件のながれ
 ・不動産の購入価格(購入に伴う借入額)・売却価格・通達評価額・鑑定評価額
 ・本事件の問題点
 ・最高裁の判断の要旨(その1)
 ・最高裁の判断の要旨(その2)
 ・最高裁の判断の要旨(その3)

2.最高裁判決の影響
 ・最高裁の判断のまとめ
 ・最高裁判決前の通達6項の適用基準との関係(その1)
 ・最高裁判決前の通達6項の適用基準との関係(その2)
 ・最高裁判決の意義
 ・最高裁判決から読み解く、通達6項の適用対象と考えられる事例
 ・不動産の時価と通達評価額の乖離がある場合の通達6項の適用
 ・個人が多額の借入により不動産を購入する場合の留意点

再生時間:74分

講師紹介

kou_yamazaki-n.jpg

山崎 信義氏

税理士法人タクトコンサルティング 情報企画部部長/税理士

<主な著書・製作協力した出版物>
「税理士なら知っておきたい 事業承継対策の法務・税務Q&A」(中央経済社)
「税理士なら知っておきたい 相続の手続・税務・調査対応Q&A」(中央経済社)
「Q&A金庫株の実務」(タクトコンサルティング)
「中小企業事業承継ハンドブック」(中小企業庁)
「事業承継支援マニュアル」(中小企業基盤整備機構)
「Q&A非上場会社の企業価値評価の実務」(大蔵財務協会)他多数

推奨環境

オペレーティングシステム Winows 7 SP1 以降
CPU Intel Core i3 以上
メモリ 4GB 以上
ブラウザ Internet Explorer 11  FireFox   Google Chrome
備考 HTML5 もしくは、Flash Playerが動作する環境でご覧いただけます。

【注意事項】

  • ※推奨環境をご確認の上、映像を視聴してください。
  • ※映像中の資料とダウンロードいただけるレジュメには、差異がある場合もございます。
  • ※1ユーザにつき、1台のパソコンで視聴可能です。複数の端末で同時に視聴することはできません。